◆はりまホッププロジェクト

ビールの原料となるホップを里山や街中で育てます

 

2030年には、はりまの住民が自らホップを育てて、みんなで乾杯し、楽しいコミュニティを形成しています

 

里山では耕作放棄地が解消し、街中では緑化が進んでいます

 

■未来の光景

ご家庭のプランタでホップを育てます

 

 

里山農家がホップを育てます

 

 

子供たちが自由に研究し、記念日に親にビールを注ぎます

 

 

企業や店舗が壁面や屋上を緑化します

 

 

ホップを育てる居酒屋で仲間が乾杯します

 

 

仲間がホップで石鹸づくり体験をしています

 

 

仲間がホップパンをつくっています

 

 

仲間がホップティーをつくっています

 

 

仲間がホップリースをつくっています

 

 

仲間がホップのゆずサワーをつくっています

■ビール醸造

ビールの製造・販売・発送については、

明石ビール株式会社となります。

 

酒類製造免許 明石酒 第46号 明石ビール株式会社 長澤 正剛

http://www.akashi-beer.com/

 

 

■ビール販売

ビールの販売については、

団体は行っておりません

※ただし、当日限定で注いで販売する依頼がある場合は、

 酒税法にそって、ご相談させて頂きます。

 

 

■SDGs

 SDGsを達成するために、はりまホッププロジェクトを行っています。

 

■リーフレット